ヒトミdeガス/本当のエコにてついて考える

| HOME | RECOMMEND | エコジョーズ |  

ecojaws770.jpg 

環境にも家計にもやさしい給湯器『エコジョーズ』

エコジョーズは省エネ・高効率・低NOxで、環境にもやさしい風呂給湯器。

従来の給湯器では80%が限界だった給湯熱効率を、排気熱・潜熱回収システムにより95%までに向上。これにより省エネルギーを実現し、大幅なランニングコストの削減を実現しました。

エコジョーズエコジョーズは大気中に不要な熱の放出を低減し、CO2排出量の削減、地球温暖化防止に貢献します。独自の排熱(潜熱)回収システムにより、大気中への不要な熱の放射をカットし、CO2排出量を約13%カットしました。
 
使用ガス量が約13%削減できるため従来型と比較して年間で給湯だけなら約10,000円、床暖房を合わせると約15,000円の節約を可能にしています。
 
使うたびにお湯をつくる瞬間式なので、お湯を使う場所が数ヵ所あっても、同時使用できます。ただし、水温の低い冬は注意が必要なので、余裕のある給湯能力のものを選ぶようにしましょう。無駄がない上に、貯湯式のような「湯切れ」の心配はありません。湯温も安定しています。
全自動風呂給湯器は、お湯張りから追いだき、保温までリモコン操作ひとつで簡単にできます。


エコジョーズのしくみ

環境に配慮した省エネ設計

エコジョーズの仕組み 
従来は、1次熱交換器の排熱はそのまま捨てられていましたが、2次交換器で再利用することにより、熱効率を大幅に向上させることができました。
 
送られてきた水は、まず2次熱交換器であたためられます。あたためられたお湯は、1次熱交換器でさらに加熱されます。このように従来捨てていた燃焼ガスの熱までお湯づくりに再利用することで、給湯熱効率95%を実現しています。
 
 

電気温水器との比較


電気温水器は、1日に使う分のお湯を沸かして貯めておく貯湯式です。一般の3~4人家族が1日に使用する平均的なお湯の量は370L、4人以上なら460Lから550Lとなります。
 
この量のお湯を貯めておくので設置面積は1m2にもなります。また、満水時には重量が500kg弱となるので、場所によっては設置床の構造補強が必要です。設置は大きなポイントになります。
 
また、電気CO2ヒートポンプ給湯器(エコキュート)は、お湯をつくるユニットとお湯を貯めておくユニットが分かれている給湯式の給湯器。少ないエネルギーでたくさんのお湯を沸かせますが、一般の電気温水器よりも場所をとり、室外機は深夜ずっと稼動します。設置場所は近隣を考慮して計画しておかなければなりません。
 
それに比べ、エコジョーズは使うたびにお湯をつくる瞬間式なので、お湯を使う場所が数ヵ所あっても、同時使用できます。ただし、水温の低い冬は注意が必要なので、余裕のある給湯能力のものを選ぶようにしましょう。無駄がない上に、貯湯式のような「湯切れ」の心配はありません。湯温も安定しています。
全自動風呂給湯器は、お湯張りから追いだき、保温までリモコン操作ひとつで簡単にできます。

電気温水器とランニングコストでの比較

電気温水器の場合電気温水器の場合・・・ 
エコジョーズはどのくらいお湯を使ったかで金額が決まります。特に潜熱回収型は、これまで捨てていた排気の熱を回収して使うので、熱効率が高く省エネでき、ランニングコストも安くなります。
 
電気CO2ヒートポンプ給湯器(エコキュート)では、割安な深夜電力と効率の良いヒートポンプシステムを組み合わせた貯湯式給湯器なので、一般の電気温水器よりもランニングコストは安くなります。ただし、急にたくさんのお湯を使うと、お湯がなくなる前に自動的に沸かし始めるので、必ずしも深夜電力が使えるわけでなく、コストが高くなることがあります。また、ヒートポンプ式で外気温に左右されるため、季節によって効率はまちまちになります。
 
そして、電気温水器では、それぞれの家庭のお湯の使い方のパターンによって、「深夜電力」契約タイプや「時間帯別電灯」契約タイプなど、基本になる電気料金の単位をあらかじめ設定しておきます。それによって月々の金額が算出されます。
 
使い方のパターンによって機種が異なるので、自分の生活に合ったものを選ぶ必要があります。また、季節によっても使うお湯の量が異なりますから、「湯切れ」することもありますし、お湯が余るとエネルギーの無駄づかいになります。